垂直磁気記録方式・水平記録方式両方のデータ消去対応が必要

水平(面内)磁気記録方式のハードディスクは回転方向が磁気記録の方向です。
消去装置から見ると、垂直磁気記録方式のハードディスク同様の垂直方向と水平方向の磁気記録が存在します。

水平(面内)磁気記録方式のハードディスク(HDD)は、磁気ヘッドに対しては水平に記録されていますが、プラッター(磁気記録面)は回転しているため回転方向が磁気記録の方向です。
消去装置が発生する磁力は図のように一方向ですので、消去装置からの発生磁力がハードディスクに対し水平に照射される部分(消去しやすい部分)と垂直に照射される部分(消去しにくい部分)が存在します。

弊社のデータ消去装置ERAZERは、弊社独自特許の最新技術で、垂直磁気記録方式、水平磁気記録方式の両方の記録方式の消去に対応しています。

リ・バース株式会社
製品開発チーム

お気軽にお問い合わせください。0120-976-658     お客様サポートセンター

お問い合わせMAIL➡ MAILフォーム

LOGオプション機能:ERAZERシリーズ

磁気データ消去装置ERAZER(PRO)とPCを接続し消去作業の管理と証明書や作業報告書を作成出来るようになるオプション機能です。
作業報告書、証明書の発行が容易にできます。バーコードプリンターを取り付けるとQR消去完了シールを発行します。
消去媒体に張り付けると、消去済がわかりやすくなります。