第三者機関によるERAZERの磁気消去の確認MFM 磁気データ消去装置(消去機)

第三者機関によるERAZERを使用後のハードディスクの状態をMFM画像撮影した結果です。詳細はお問い合わせください。
・使用機種:ER-TypeS
・消去メディア:2.5インチ垂直磁気記録ハードディスク
・型名:WD3200BEVT(WD製)
・容量:320GB
・観察用機器:E-sweep/NanoNaviステーション 磁気力モード

消去前の磁気パターン
消去後の磁気パターン

 MFM撮影モードとは、走査型プローブ顕微鏡を利用しプローブの先端で受ける磁力の力(強弱)を画像(色の濃淡)にし撮影してます。黒い集まりがN極、白い集まりがS極です。黒白4つのかたまりが4ビットの磁気信号です。消去前は規則的に4ビットの磁気信号が確認できます。又消去前の等間隔での横に腺が入ったように見えるのが磁気ヘッドの書き込みの幅です。
消去前と消去後を比べると、消去前に確認できた磁気ビット(規則的な強弱)が消去後は確認できません。画像をみてわかるように、磁気ビットは完全に消去されているのがわかります 。
消去前の画像で白(S極)黒(N極)が腺を引いたように、はっきり現れるのが、垂直磁気記録ハードディスクのMFM画像の特徴です。

リ・バース株式会社
開発チーム

お気軽にお問い合わせください。0120-976-658     お客様サポートセンター

お問い合わせMAIL➡ MAILフォーム

新発売 | 消去装置ERAZER PROシリーズ

磁気データ消去装置ERAZER PROシリーズ
”より使いやすく””より分かりやすく”なりました。
消去メディアをセット、ボタンを押すだけ!一瞬で完全消去が完了!
ERAZERが発生磁力を自動測定後、正常動作を確認後OKランプを点灯、完全消去をお知らせします。